今村優さんの場合

スタジオバーズにやってきたのは、バリバリ演劇人の今村優さん。

花の似合う笑顔のすてきな華やかな女性です。

演劇の表現とナレーション表現の違いに苦戦しつつも、持ち前の明るさとモノマネですてきなボイスサンプルが完成しました。

実は、声優とナレーター、アナウンサーとナレーターなど、同じ声の仕事でも表現方法は意外と違うんです。

ポップスや演歌、ジャズやオペラなど、歌手は歌手でもそのジャンルによって歌い方が違う…といえばピンとくるでしょうか。

今村さんはもともと声の魅力も表現力もある方なので、あとはどうナレーションにチューニングしていくか、そんな課題をもって取り組んだボイスサンプルなのでした。

癒し系リケジョナレーター飯島聡美さん

先日スタジオバーズに収録にきてくれたのは飯島聡美さん。

プログラミングも出来るリケジョナレーターなんです。

打ち合わせから積極的に原稿を提案してくれたり、特技を披露してくれたりと、終始和やかなムードで進みました。

飯島さんはどうやら癒し系の声と、読みも癒し系ということも分かったので、基本テーマは「癒し」に。

さらに得意の歌も入れ込み、癒し声なのに歌声はパラフルというギャップもつき、良い意味で想像どおりのボイスサンプルが完成しました。

これからの活躍に期待しています。

ボイスサンプル収録は勉強にもなる

スタジオバーズは年末年始も予約をいただいてます。

それもそのはず、もう春の新番組に向けての準備が始まっているのです。

そんなロケットスタートを切った1人が古谷紀子さん。スクールバーズにも通いつつ、ボイスサンプルも収録。

「ボイスサンプルを収録するととても勉強になる」という声をよく聞きます。

100回の練習より1回の本番。

そんなことを言う人もいます。

とはいえそう簡単に仕事は決まらないし、仕事は練習の場所でもない。となると、本番に一番近い形がスタジオでのボイスサンプル収録。そう、ボイスサンプルという1つの作品を限りなく本番に近い形で作り上げていくと、ナレーションの勉強にもなるんです。

ボイスサンプルで仕事も決まれば一石二鳥!?

古谷さんのボイスサンプルも、二鳥落とせるように応援してます。

松田佑貴

松田京子さんのサンプル収録

NHK BS「偉人たちの健康診断」などで活躍中の松田京子さん。

収録を担当したのは松田佑貴です。

松田京子さんと私、実は…。

縁も所縁もありません笑

それもそのはず、松田京子さんは「まったきょうこ」さんなんです。私は「まつだゆうき」です。漢字は同じなのに読みは違う。日本語って面白いですね。

松田(まった)さんは、新しい読みに挑戦したり、仕事で成果の上がったところをブラッシュアップしたりと、録るごとに高いクオリティをさらに高めていっています。

このサンプルで仕事のご縁が繋がることを陰ながら応援してます。

松田佑貴

イルミネーションのように輝くサンプルを

イルミネーション輝くこの季節、スタジオバーズにも素敵に輝くプレイヤーたちが続々と収録にきています。

そんな輝くプレイヤーの1人、山本聖子さん。

低音ボイスが素敵な女性です。

今回は自分の強みを探すために色々なジャンルに挑戦してくれました。自己紹介の名乗りでは今まで使ったことのない声色を出したりと、攻めの姿勢でサンプルを作りました。

どこかで山本さんの声を聞く日がくるのも近いかもしれません^ – ^