土屋恵美さんの深夜バラエティサンプル

鮮やかな黄緑色のお洋服で収録に来てくださったのは、ナレーターさんであり、薬剤師さんでもある土屋恵美さん!

今回はバラエティ、それも「深夜」に絞ったサンプルが完成しました。

ジャンルを絞るのは、勇気がいることだと思います。届けたい人にまっすぐ届くサンプルを目指し、決断した土屋さん。シンプルで潔く明確です。

渾身の一作が意中の方々にずばーんと届くことを心から願っています!

村石花奈実

「声の返し」ってなに?


今回は、声の業界でよく使われる「返し」の重要性について、ナレーター視点で解説していきます。

そもそも「返し」とはヘッドホンなどからリアルタイムでモニター(チェック)している、マイクなどの機材を通した自分の声の事を言います。

「自分の声を聴きながら喋る」というだけの話なのですが、この「返し」には意外な落とし穴が…

ボイストレーニングの一環で、返しを聴きながら歌を録音していたナレーターMさん。
声を張ったロングトーンの発声がどうしてもうまくいかない。普段の練習ではできることなのに…なぜ??

色々と試したところ、「返しの音量を下げてもらう」「ヘッドホンを片方外す」ことで解決できました。

どうやら、大きめの音で返しを聴くことで、無意識のうちに発声にリミッターがかかってしまっていたようです。
Mさんはこの時初めて「返しの音による影響」を実感しました。

普段のナレーション収録時には、当り前のように自分で丁度いい音量に調節していたので、そもそも返しが大きかったり小さかったりする影響について考える事すらなかったのです。

そこで複数のナレーターに、返しの音量をどのくらいにしているか聞いてみると…

それぞれ様々な理由で、大音量だったり小さめだったり音量設定はバラバラ。またモニターするヘッドホンもスタジオ備え付けのものだったり、自前のイヤホンだったり、必ず左耳だけで聞く、必ず右耳だけで聞くなど。
「現場やVTRによって変えている、返しを0にする事もある」というプレイヤーもいました。

とある売れっ子ナレーターが「オンエアを聴けばそいつの返しが大きめか小さめか分かるんだよね…」と言ったという噂も。

それほど、返しの音量の調整が繊細なプレーに影響しているということなのでしょうか…!?

個人差はありますが、声の返しによる発声への影響は少なからずあります。

「そ、そうだったのか…!」という皆さんも
「そんなの常識だよー」という皆さんも

いろいろ設定を試すことで、自分の声やプレイの特性に応じたベストなモニター環境を改めて探ってみてはいかがでしょうか。

サンプル収録でも、ぜひ細かな調整を試してみてくださいね。

スタジオバーズ勉強会!


大型連休もあっというまに終盤ですね。
連日サンプル収録が続くスタジオバーズでは、本日クリエイターが揃っての勉強会‼︎サンプルづくりをブラッシュアップすべく、知識と技術をチャージしています。

ボイスサンプルは、ナレーターにとって必須アイテム。ふいに訪れたチャンスに、サッと渡せるサンプルはありますか?そして、そのサンプルは自信をもって渡せるクオリティですか?

スタジオバーズではみなさんの声の魅力を最大限に引き出せるよう、また、「こんなサンプルが欲しかった」にお答えできるよう、日々研究を重ねてプレイヤーのみなさまをお待ちしています。

スタジオバーズスタッフ一同